Smiley face
CBTの実施予定
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版

 文部科学省は、中学3年生と小学6年生を対象に毎年春に実施している全国学力調査について、2027年度からタブレット端末などのコンピューターを使った試験(CBT)に全面移行する方針を固めた。8日の同省の有識者会議に示し、9月にも正式決定する見込み。

 同調査は07年度に始まり、ほぼ毎年実施されてきた。問題・解答用紙の印刷、配送の経費軽減や環境への配慮などから、21年度以降、試行的に一部の教科でCBT化を進めてきた。不登校や入院中で希望する児童生徒は遠隔参加も可能になる。

 情報端末が児童生徒に行き渡り「1人1台」が実現したことから、23年度には中3の英語の各技能のうち、話す力をみる調査をCBT化し、端末に音声を録音するなどの方式で実施した。25年度は国語、算数・数学、理科の3教科のうち中3の理科のみCBT化が決まっていたが、その後の予定は示されていなかった。

 文科省案では、26年度に実施する国語、算数・数学、英語のうち中3の英語(4技能すべて)のみCBT化し、27年度からは小6、中3とも全教科をCBT化する計画だ。

■英語は2コマに分けて実施 …

共有
© 2024 Japan Today. 無断転載を禁じます。