Smiley face
厚生労働省=東京都千代田区

 小林製薬(大阪市)の紅麴(べにこうじ)原料を使用したサプリメントの問題で、厚生労働省は9日、サプリ使用と疑いのある5人の死亡例について、70代が3人、90代が1人、年齢不明が1人だったと公表した。また、日本腎臓学会の調査で、患者の初診日は2023年12月以降に集中していることも明らかになった。

 小林製薬から厚労省に報告された5人の死亡例については、男性が2人、女性が3人。5人のうち3人に、前立腺がん、悪性リンパ腫、高血圧・高脂血症・リウマチの既往歴があった。

 日本腎臓学会の調査では、4月4日までにサプリ使用による健康被害が95症例が報告され、40~50代が過半数を占めた。

 体調不良を訴えて受診した時期は23年12月~24年3月に集中しており、大半の人が数カ月以上、サプリを使っていた一方で、使い始めた月に受診した人もいた。(足立菜摘)

共有
© 2024 Japan Today. 無断転載を禁じます。