Smiley face
  • 写真・図版

 教員が生徒から預かった入学願書を出し忘れるなどして、生徒が受験の機会を失うトラブルが全国で後を絶たない。福岡市の中学校では今年の入試で、高校側が受験を拒否し、その後特例措置で認める事態も起きた。こうしたミスを防ぐ手立てはないのか。

 今年2月、福岡市の私立博多女子中学校で、生徒3人が教員のミスで願書を受理されないトラブルが起きた。

 同校では毎年、生徒の入学願書を志願校別にとりまとめ、教員が手分けをして各高校に直接持参していた。組合立の古賀竟成館(きょうせいかん)(福岡県古賀市)は3人が志望。入学願書の提出期限は同月16日正午だった。

 だが担当教員は、県立高の期限だった20日正午と混同。本来の期限より2時間遅れの16日午後2時ごろに願書を高校に持参したが受理されず、勘違いに気づいた。校長は高校側に「生徒のミスではないので、何とか受理してもらえないか」と打診したが、「公平を期すため」として認められなかったという。

 組合教育委員会によると、出願にあたっては、各中学校に志願する生徒全員の書類をまとめて持参するよう求めている。県立高を管轄する県教委も同様の運用といい、理由としては、願書に添える調査書などは中学校側が作成するため、まとめて提出すれば効率的だからだ。また、生徒が個別に提出に訪れると、受理する高校側の事務負担が増すことも考えられるという。

 今回の事例では、トラブルが報道された約1週間後、組合教委が生徒3人に対し、特例的に受験の機会を設けることを決めた。事故や病気など「生徒本人の責めに帰すことができない理由」で受験できなかった生徒向けの「追選抜」の制度を準用できると判断したという。一方、願書を受け付けなかった点は「例外なく、締め切り順守を求める立場に変わりはない」としている。

 この中学では今後、願書の提出スケジュールを複数の教員で確認できる態勢を整えるなどして、再発防止を図ることにしている。

生徒が賠償求め訴訟も

 同様のミスは、これまでも全国でたびたび起きている。

 2018年に兵庫県で県立高…

共有
© 2024 Japan Today. 無断転載を禁じます。