Smiley face

 4日に投開票があった英国の総選挙で、14年ぶりの政権交代が実現した。保守党は選挙権が拡大された1832年以来、最低の議席数に終わった。圧勝した労働党は国内の立て直しに取り組むが、外交面では11月の米大統領選の行方も焦点になりそうだ。

  • 英スナク首相、保守党の党首を辞任へ 労働党が単独過半数を獲得
  • 英スターマー新首相、就任演説で10回くり返した言葉は?

 「労働党の勝利というより、保守党の敗北という方がずっと正しい」

 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのトニー・トラバース教授は5日、取材にそう指摘した。「経済もさほど成長しておらず、有権者が代え時だと腹を決めたのだろう」。トラス前首相やシャップス国防相、モーダント下院院内総務といった大物議員も落選した。

ロンドンで2024年7月4日、英保守党が大敗した総選挙の途中経過を見て喜ぶ人たち=ロイター

得票率でみえた、保守党の「自滅」

 英公共放送BBCのまとめに…

共有
© 2024 Japan Today. 無断転載を禁じます。