Smiley face

 ふるさと納税寄付額が年々倍増し続けている静岡県沼津市が、さらなる躍進をめざして新兵器「ふるさとGO」を導入した。飲食店で地元産品を味わった観光客に感動が新鮮なうちにその場でスマートフォンでふるさと納税してもらう観光地ならではの仕組みで、取扱店も増加中。今年度も市への納税額は快調な滑り出しを見せている。

 「ふるさとGO」は、ふるさと納税への返礼を品物ではなく、飲食やレジャーなどのサービスに特化した点で全国初のシステムとのふれ込みで、市内のシステム運営会社「マイウェイ」が開発した。

返礼品を飲食やレジャーで受け取る現地寄付型のふるさと納税システム「ふるさとGO」はスマホで支払いが完結する=2024年4月19日午後2時56分、静岡県沼津市千本港町、南島信也撮影

 スマホで店内にある専用QRコードを読み込んで飲食代を入力すると、飲食代に応じた寄付額が自動的に計算され、店への支払いと寄付を同時に決済することができる。

 すし屋など飲食店のコンサル…

共有
© 2024 Japan Today. 無断転載を禁じます。