Smiley face
「コロンブス」ミュージックビデオの一場面=YouTubeから
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版

 人気バンドMrs.GREEN APPLEの新曲「コロンブス」のミュージックビデオ(MV)が、植民地主義や人種差別を想起させると批判され、公開中止になった。米国の人種問題の歴史に詳しく、歴史教育や世界史の教科書作りにも長年携わってきた歴史学者で一橋大学教授の貴堂(きどう)嘉之さんに、なぜこうした問題が繰り返されるのか、なぜ歴史を学ぶ必要があるのかについて聞いた。

 12日に公開されたMVはメンバーがコロンブス、ナポレオン、ベートーベンとみられる人物に扮し、訪れた島で類人猿たちと遭遇する設定。類人猿に人力車を引かせたり、西洋音楽や乗馬を教えたりする場面などが植民地主義を想起させるなどと批判され、所属レコード会社のユニバーサルミュージックが13日、「歴史や文化的な背景への理解に欠ける表現が含まれていた」として、公開を止めた。

  • ミセスの大森元貴さんが謝罪 MVへの指摘「真摯に受け止め猛省」

     ◇

 問題となった動画は、まず「コロンブス」という曲名が、ずばりそのもの。主人公コロンブスを英雄視し、島に住む人々を「文明を教わる側のサル」として描くこの動画は、明らかに人種差別的な表現であり、植民地支配を容認する表現だと批判されても仕方がない。ただ、バンドの関係者を批判して済む問題ではない。日本では今回のような差別表現がこれまでにも繰り返し問題になってきた。バンドの関係者も動画を目にした人も、今回の出来事を歴史をめぐる最新の議論を知る機会にしてほしい。今回の動画は歴史教育のいい教材になるだろう。

 バンドのメンバーは、1990年代生まれであれば20代後半から30代前半。この世代の高校生は世界史を必修科目として学んだ可能性が高い世代だ。

 近年の教科書におけるコロンブスの扱いは非常に小さくなっている。かつてはコロンブスによる1492年の「新大陸発見」が強調されていたが、今では同時代に多数いた探検家や征服者たちの一人という扱いだ。ヨーロッパによる中南米の征服や奴隷貿易、植民地支配のきっかけになった、という否定的側面に触れる教科書が多く、「西半球」と「東半球」の間で産物の交流が盛んになった「コロンブス交換」の観点から取り上げる教科書も多い。

 「コロンブス交換」とは、環境史や生態系の歴史の面で、15世紀末以降のコロンブスの航海をきっかけに起きた人類史上の大きな変化を指す。欧州など(東半球)からウマやウシ、鉄や小麦が南北アメリカ大陸(西半球)に渡り、逆に西半球からトウモロコシやジャガイモ、トマト、カボチャなどが東半球に渡った。

 今では当たり前のようにイタリア料理にトマトが使われるなど、その後の世界中の人々の暮らしに大きな影響を与えた出来事のきっかけとなったのがコロンブスの航海だった。動画にウマが登場する点を見ると、ある程度こうした歴史を知る人が動画制作に関与した可能性も考えられる。

自由の女神にワシントンD.C. コロンブスは米国の象徴

 アメリカにおける自国史の語りには、コロンブスは不可欠な存在だった。

 アメリカで最初に歴史教科書…

共有
© 2024 Japan Today. 無断転載を禁じます。