Smiley face
嗅覚受容体アレイ=大阪府吹田市、滝沢美穂子撮影
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版

 私たちはにおいに囲まれています。おいしそうなにおい、好きなにおいもあれば、生ゴミなどのようなかぎたくないものもあり、体調や気持ちさえも左右します。においを付けたり消そうとしたりする会社は、洗剤や食品、香料のメーカーなどたくさんあります。その中で、新たなビジネスを展開しているのが、大阪の「香味発酵」というベンチャー企業です。会社を起こした久保賢治さん(57)に聞きました。

 ――どんなビジネスをしようとしているのでしょうか。

 「においのサブスクリプション」です。ラベンダーやピーチ、バニラ、シナモンなど20種類ほどのにおいを出せるディフューザーを置いてもらい、「においの素」が入ったカートリッジが定期的に届くサブスクです。香りを楽しむだけでなく、消臭に使うこともできます。ディフューザーのサイズを茶筒ほどに小さくしようと、作るメーカーが改良を重ねています。うまくいけば来年始めます。大阪・関西万博でも披露できるかも知れません。

 ――ニーズはありますか。

 こんなディフューザーがあれ…

共有
© 2024 Japan Today. 無断転載を禁じます。